現場発泡断熱材のアイシネンLDフォームは100倍発砲で高気密・高断熱を実現。さらに壁内結露から住宅を守ります。

株式会社ミヨシ産業

お電話でのお問合せはこちら TEL:0859-34-3111

事業案内

HOME ミヨシ産業   ≫ 〔事業案内〕吹付断熱工事『アイシネンLDフォーム』

吹付断熱工事『アイシネンLDフォーム』

〜高気密・高断熱  住宅用断熱ウレタンフォーム〜 アイシネンLDフォーム

アイシネンLDフォーム

北米No.1販売シェア!!世界が認めた品質のアイシネン

アイシネンは環境先進国カナダで開発された発泡ウレタンの断熱材

アイシネンの断熱材はフロンガスを全く使わない断熱材として1987年にカナダで誕生しました。
アイシネン社はおよそ35年に渡って現場発泡ウレタン業界のリーディングカンパニーとして高い評価を得ております。北米No.1の市場販売シェアと世界35ケ国でおよそ425,000棟の販売実績が示す通り、その品質は他の断熱材と大きく異なります。
比べてみればその違いは歴然。アイシネンは世界基準の性能をお約束します。

アイシネンLDフォームが選ばれる理由

1
画期的な独自のセル構造により、極めて水を吸いにくいウレタンフォームです。
2
優れた柔軟性があるため躯体に追従し、剥離や脱落の心配がありません。
3
空気中の湿気をため込まないため内部結露やカビの発生を抑制します。
4
フロンガスを一切使用せず、VOC(揮発性有機化合物)の発生も極めて低いフォーム材です。
5
世界最高品質の証「生涯製品保証書」を発行。長期に渡り、品質が維持されます。

家の快適さを求めるならアイシネン

住み心地や建物の寿命を大きく左右する断熱材。施工した後は普段、目にすることがなくなるものだけに断熱材選びに妥協は禁物。その機能や性能をよく知り、長期に渡って安心できるものを選びたいものです。アイシネンLDフォームはその高い気密性・断熱性で発泡ウレタン断熱材のトップブランドとして世界中から評価されております。

世界のトップブランド断熱材

アイシネン社は公的な団体や様々な関連する組織に加盟しております。省エネ効果を証明する「エナジースター」をはじめ、学校、病院などの公共施設に最も適した製品のみに与えられる「グリーンガード認証」の取得、またエネルギー効率がよく健康的で快適な環境デザインを通して教育の質を高める学校組織「CHPS」にも加盟しております。

認定スプレーヤー制度

アイシネンを吹けるのは研修を受けて試験に合格したスプレーヤーのみ。高度な知識と技能を修得した認定技術者が現場にて丁寧な施工をするため、その施工にも最高品質を保つことができます。

アイシネン生涯保証書

アイシネンLDフォームには高い品質の証である「生涯保証書」が発行されます※1) このような保証書は他に類がなく、長期に渡り、保証の効力を有しますので安心してご利用頂けます。
※1.保証書発行には条件があります。

アイシネンの品質は違います

空気をほとんど通しません

繊維系の多くの断熱材は繊維の間を空気が透過してしまいますがアイシネンLDフォームの空気透過量は米国ASTM基準を下回る0.019L/(s・u)@75Pa以下。台風並みの負圧をかけても空気を通しません。
アイシネンLDフォームは家全体を包みこむように覆い、空気移動による内部結露を軽減し、アレルギーの原因となるカビやダニの発生を抑制します。
空気透過量試験

空気透過量試験
これは密閉された圧力容器に試験体を入れ、一方から空気を抜くことにより負圧をかけ、試験体(発泡ウレタン)を通じてどのくらい空気が流入するかを測る試験です。 「LDフォーム」は壁の中の空気をほとんど通しません。

剥離、脱落の心配がありません

アイシネンLDフォームは柔軟性が高く、地震などで躯体が動いても構造体に追従して動き、剥離や脱落することがありません。発泡ウレタンが躯体から剥離するとそこに断熱欠損が生じ、熱が逃げてしまいますが柔らかい発泡ウレタンほどその可能性は低くなります。LDフォームはきめ細やかな表面で、指で軽く押しつぶすことができるほど柔らかな発泡ウレタンです。
床下に隙間なく吹付けられたアイシネン

水をほとんど吸いません

アイシネンLDフォームの吸水率は米国ASTMの試験で5%以下。他社のウレタンと同じ試験で比較するとその吸水率は10倍以上の差があります。
発泡ウレタンが吸水すると大きく変形をおこし、また加水分解などにより性能が損なわれてしまいます。LDフォームは画期的な技術がもたらした独自のセル(気泡)構造を持ち、ほとんど水を吸いません。万が一、躯体に雨水が侵入してもそれによってカビが生じる心配はありません。
発泡ウレタン吸水試験

発泡ウレタン吸水試験
北米ASTM D2862の発泡ウレタンの吸水性試験は金属製容器に水を入れ、試験体を水中に完全に沈めて96時間(4日間)後に取り出してどのくらい水を吸収したかを測る過酷な試験です。

隙間をつくりません

繊維系の断熱材ではダクトや配管、コンセントボックス廻りなど、隙間なく完全に設置することは困難ですがアイシネンLDフォームはそういった隙間を埋めることで熱エネルギーの損失を防ぎ、光熱費を抑えることができます。夏は涼しく冬暖かい快適な環境を維持します。
隙間をつくりません
熱伝導率はその物体がどれくらい熱を伝えるかを試験室で測った数値です。金属製の鍋の取手は熱くなりますがサーモカップは手に持っても熱くありません。中の空気層が熱を伝えにくくしているからです。どんなに熱伝導率がいい断熱材でも収縮や変形があってはその隙間から熱が伝わリ逃げてしまいます。試験室の中ではなく、実際の壁の中でも長期に渡って熱がしっかり遮られているでしょうか。断熱材は熱伝導率だけで判断はできません。アイシネンの吹付け断熱材は99%が空気。地震や躯体の変形による剥離や収縮の心配がありません。

発泡ウレタン寸法安定性試験
米国ASTM D2126の寸法安定性試験結果においてアイシネン「LDフォーム」の変形率はわずかに1.7%。競合他社には10倍以上の変形率のものもあります。この試験は相対湿度97%、温度70℃という過酷な環境下に7日間サンプルをおいてどのくらい変形するかを測る試験です。

家をまるごと包みこむアイシネン

アイシネンLDフォームは屋根、壁、天井、床下など家全体を隙間なく包みこみ、熱エネルギーの損失を防ぎます。柔らかなフォームは外部の騒音や臭い、アレルギー物質などの侵入を軽減し、またLDフォームがもたらす高気密・高断熱の家はエアコンなどの電気代を削減するだけでなく、家の中の温度差を少なくすることにより、ピートショックなどのリスクを減らします。
家をまるごと包みこむアイシネン
静かな環境をつくる
静かな環境をつくる
発泡ウレタンは吸音性能にも優れた断熱材です。アイシネン「LDフォーム」は非常に柔らかな発泡ウレタンで、一般に生活音と呼ばれる250〜4000Hz(ヘルツ)の音を吸収します。米国ASTM E90/C423の試験ではNRC(騒音低減係数)は0.70、STC(音響透過クラス)は37dB(デシベル)の数値を出しております。例えば家の外が70dBの騒音だったときアイシネンを採用した壁の室内側はおよそその半分、33dBになるデータが出ております。

エコ・省エネ効果を高めるアイシネン

省エネルギー基準(断熱性能等級4)に必要な施工厚
エコ・省エネ効果を高めるアイシネン

※」IS A9526 「建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォームJA種3に適合。
※」IS A1480 (熱性能宣言値及び設計値決定の手順)熱伝導率0.038W/(m・K)に基づく厚み。
※地域区分下段(ローマ数字)はH11年省エネ基準における区分

他の断熱材との比較

断熱材は熱伝導率の数値だけではわかりません。壁内結露や性能劣化などの心配がなく、快適な環境が持続できるかも重要な要素です。アイシネンは長期に渡って安心できる断熱材です。
他の断熱材との比較

上記評価はアイシネン独自の判断によるものです。
※1 空気透過量は米国ASTM基準値以下。フォーム内の空気はほとんど透過・移動しません。
※2 吸水率は米国ASTM試験値で5%以下。極めて吸水しにくいフォーム材です。

アイシネンLDフォーム 施工事例

◎海岸ロフトの家 外観(完成後)
◎海岸ロフトの家 室内(施工前)
◎海岸ロフトの家 室内(吹き付け後)
◎海岸ロフトの家 室内(内装後)
◎ビル社屋
◎ドームハウス天井
◎寺院
◎マッシュルーム工場
アイシネンLDフォーム 施工の流れ

ノンフロン完全水発泡のアイシネンLDフォームは、「現場発泡」による施工が特徴です。
吹き付けられ発泡したフォームは瞬時に硬化し、高気密・高断熱のエアバリアを形成します。
また、アイシネンでは、独自のトレーニング・プログラムによる高度な知識と技術を修得した認定スプレーヤーのみが施工する「責任施工体制」を確立しております。

(1)現場へ到着/施行準備
原料と機材を積載した専用車(TM=トラックマウント)で現場へ。
(2)養生作業
建物や資材をガードする養生を徹底。

(3)吹き付け作業
原料を最適に温調、調合し、丁寧に吹き付け施工。

(4)厚みチェック
施工部位に応じた吹き付け厚みを常にチェック。

(5)フォームカット/清掃作業/完成
現場をきれいに清掃し、撤収作業。

較べてわかるアイシネン

JIS A9526「建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォーム」A種3に適合

項目 物性/数値 規格
発砲システム 水発砲 ノンフロン
熱伝導率(λ値) 0.038W/(m・K) JIS A1412-2
透湿率 49.3ng/(m・s・Pa) ※1 JIS K7225
空気透過量 0.019L/(s・u)@75Pa ※2 ASTM E2178
燃焼性 燃焼距離 60mm以下
燃焼時間 120秒以内
JIS A9511
音響透過クラス(STC) 37dB ASTM E90
騒音低減係数(NRC) 0.70 ASTM C423

※1・・・木材の自然な呼吸を妨げない程度の透湿性を有します。
※2・・・空気透過が僅かであることを示す値です。

アイシネンLDフォーム Q&A

他の現場発泡ウレタンとは何か違う?

LDフォームはフォームの寸法安定性が高いため変形しにくく、また柔軟性があるため躯体との追従性が高く剥離、落下等の心配がありません。また他社品と比較して極めて水を吸いにくい構造になっております。高品質の証である「生涯保証書」を発行するのもアイシネンだけです。

結露しにくい理由は?

アイシネンは木造住宅に適した断熱材として木材の調湿効果を妨げることのないよう、適度な透湿をしつつまた圧力差による空気の透過量を限りなく少なくなるように開発されております。空気と共に移動する水蒸気の吸着や室内外の温度差を抑えるため結露発生のリスクも低くなっております。

他の断熱材との違いは?

一般的な繊維系の断熱材の多くは隙間なく充填することは難しく、その部分は漏気が発生してしまいます。漏気部分には温度差が生じ、結露する可能性が高まります。また繊維系の断熱材は最も輻射熱を受けやすい勾配屋根面などに設置するのは困難です。アイシネンは約100倍に発泡して躯体に密着し僅かな隙間も作りません。この気密と断熱を両方兼ね備えるのがアイシネンの断熱材です。

熱伝導率は変化するの?

ウレタンフォームの熱伝導率は主にセル(気泡)内の気体の熱伝導率に起因します。独立気泡の硬質ウレタンはセル内に発泡剤として使用された熱伝導率の低い気体を閉じ込めることで高い断熱性能を有してますが時間がたつにつれて気体の一部がセル膜を徐々に透過し外部の空気と置換されるため熱伝導率もある程度低下します。LDフォームは連続気泡のためセル内の気体は発泡後速やかに空気に置換されるため通常の使用下では断熱性能の変化がほとんどありません。

カナダで開発された断熱材は日本の気候に合わないのでは?

アイシネンの発泡ウレタン断熱材はカナダのような寒冷地だけでなく、世界の様々な気候帯で採用されており、日本以上の高温多湿な場所でも使われております。日本でも15年以上の販売実績があリ高い評価を頂いております。

火災時にガスが発生するのでは?

アイシネンは無機質の不燃材ではありませんので一定温度以上で燃焼し、C02など炭化水素系のガスを発生します。また窒素を含む他の材料と同様に燃焼条件によっては微量のシアンガスが発生しますが発泡ウレタンの表面が炭化し燃え広がることはありません。火災時の死亡原因の多くは一酸化炭素中毒や酸素の欠乏によるものです。

ミヨシ産業|鳥取県米子市|アイシネンLDフォームのお問合せ・ご相談はこちらへ

アイシネンLDフォームのお問合せ・ご相談はこちら