鳥取県米子の建材店 ミヨシ産業の採用情報WEB(求人情報・リクルート・就職・Iターン)

ミヨシ産業 採用情報WEB|鳥取県米子市・鳥取市・境港市・島根県東部・松江市|求人・リクルート・中途採用・社会人採用・就職・Iターン

Home-ミヨシ産業 採用情報WEB   ≫ トップメッセージ

トップメッセージ

入社ご希望の皆様へのメッセージ

“新しいものへのチャレンジ”から生まれたミヨシ産業

ミヨシ産業の前身は紙袋や包装紙などを扱う紙問屋でした。障子紙から派生した建具材料も扱っていましたが、紙の単価は安く、利も薄い。このままではいけないと1967(昭和42)年に新たな世界を求めてサッシなどアルミ建材に進出したのが現在の姿です。
ミヨシ産業の誕生は意欲的な挑戦が原点なのです。

明るい笑顔で気持のよい仕事を。自分も明るく、周りも明るく

会社の方針は「今日も一日、元気で明るく笑顔で頑張りましょう!」。この言葉は各部署の朝礼で毎朝唱和しています。明るい笑顔で不況の暗いムードを吹き飛ばしたいという願いを込めています。「明るく元気…」は勤務評価点に入れており、売り上げの達成よりも最優先する項目にしています。売り上げよりも、まずあいさつや整理整頓が大切。この積み重ねが信頼につながります。

財務内容まで会社情報は社員・パートの全員が共有

月1度の全体会議は、業務報告だけでなく財務の現状まですべて公開し、社員からパート従業員まで全員出席です。情報の共有は、社員の自主性と責任感、結束力をもたらしました。それは業務の改善だけでなく、部門を超えた協力にもつながったのです。過去に大きな不良債権が発生しましたが、社員が力を合わせた10カ年の経営改善計画で乗り越えました。私は細かな指示は出しません。社員が自主的に考え、行動するのがミヨシ産業の姿です。バブル経済の崩壊後、山陰の住宅着工戸数は6割減に落ち込みましたが、当社は逆に業績を伸ばしています。

業務ソフトまで自主開発。国の「IT経営実践企業」認定へ

発注や会計をはじめ業務に用いるソフトはすべて自社開発。パソコンに詳しい社員が開発し、外部委託はしません。使いやすいシステムで能率よく仕事がしたいという自発的なアクションです。IT化による効率化で仕事に余裕ができました。その余裕で次の手が打て、組織の体質を強化できるメリットも生まれたのです。おかげで2008年度は経済産業省のIT経営実践企業に選ばれました。

ミヨシ産業の将来にむけて

明るく元気な姿勢、マナーや心配り、社員の高い意識、IT化による効率アップで体制が整いました。これからは将来を見据えて次世代を育てたいと思っています。新たな人材が加われば、さらに会社は活性化するとともに、いい方向に化学変化を起こしていくと信じています。前向きで明るく元気な人を待っています。私たちと新たな可能性の扉を開けていきましょう。

谷野 豊代表取締役会長 谷野 豊